自宅をもっと快適に使いたいならリフォームするべき

女性
  1. ホーム
  2. 入居前の工事がオススメ

入居前の工事がオススメ

マンション

物件探しと同時に業者も

最近は、新築マンションではなく中古マンションを購入しリフォームして住む人も増えています。とりあえず住み始めてから少しずつ手を加えていく人もいますが、出来れば入居までにリフォームを済ませてしまった方が後の生活はしやすくなります。なぜなら生活を始めると、多くの家具や家電が入ります。リフォームをするたびにこれらを移動させなければならず、別に費用が発生する場合もあります。また何もない部屋であれば、工具や資材などを置くスペースも十分とれますが、住み始めてからはこういったスペースの確保も一苦労で、工事が長くなってしまう可能性も出てくるのです。ですから、中古マンションを購入する際には、同時にリフォーム会社をいくつか選んでおくといいでしょう。売買契約を結んでいれば、引渡し前であっても不動産業者立会いのもと、リフォーム業者の現地調査が可能な場合があります。少しでも現地調査を早く進めておくためにも、不動産業者に尋ねてみるといいでしょう。リフォームには、現地視察と共に物件の図面も必要になるのであらかじめ準備しておきます。またリフォーム費用を住宅ローンに含めることが可能な場合もあるので、金融機関に確認しておくといいでしょう。中古マンションで最も多いキッチンのリフォームは、だいたい100万円程度は予算に入れておきましょう。また浴槽や給湯器を新しくする場合は30万円程度、システムバスそのものを取り換える場合は100万円程度になります。水回りの工事はどうしても費用がかさむということは覚えておきましょう。中古マンションを購入する場合は、物件の価格プラスリフォーム代金がかかります。見積もりをきちんととって、適正な価格で工事を進めるようにしましょう。