自宅をもっと快適に使いたいならリフォームするべき

女性
  1. ホーム
  2. 契約は書面で慎重に

契約は書面で慎重に

室内工事

費用は工事費だけではない

三田で行うリフォーム契約には、様々な書類があり1つ1つチェックするのも大変ですが、プラン内容や書類に記載漏れがないかなど、隅から隅まで目を通しましょう。この時、これまでに打ち合わせした内容のメモがあると、チェック漏れが出ません。三田のリフォーム契約は、原則として依頼先で結びます。できれば事前に案分を作成してもらい、よく検討した上で契約に臨めば確実です。また契約約款も重要です。三田のリフォーム完成後、図面と仕上がりが違ったり、不備がある場合、依頼先側には改良、補修義務が生じます。それらが記載されるのが一般的ですが、約款がない場合は、契約書の特記事項の欄に記載してもらいましょう。依頼先の都合で工期が延びた場合の補償問題なども同様です。さらに、追加工事の費用についても確認します。工事が始まれば、どんなことが起こるかわかりません。口約束しないで書面に残しましょう。見積書にはよく工事費一式とまとめて金額が記載されていることがありますが、実はリフォームのコストは工事費だけではありません。キッチンを取り付けたり内装を仕上げたりする工事費と、設備機器費が三田の主なリフォーム費用になるのですが、それ以外にも様々な費用があります。既存のものを解体し廃棄する費用や工事をするために足場を組んだり、建物を保護する費用などもあります。契約時に見積明細書など詳細な内訳を明記したものを出してもらい、確認しておくことが大切です。