自宅をもっと快適に使いたいならリフォームするべき

ファミリー

多様なスタイルの改築

部屋

VRなどの導入も

東京では先進の技術が駆使されたリフォームの施工が行われており、リフォームやリノベーションのスタイルや目的も多様なものがあります。今話題のVR、バーチャルリアリティを活用した施工後の空間をイメージしやすい仮想体験を活用したものなどもあります。リフォームやリノベーションのコンセプトも年々進歩をしています。中古のマンション物件などを利用して費用を抑えて利便性の高い東京都心部に家を持つことにとどまらず、子供の教育や老後の介護を意識したリフォーム、エコロジーや快適な暮らしのための住宅施設の積極的な活用などが近年のトレンドです。東京はリフォームやリノベーションに適した中古のマンション物件を中心に豊富に揃っていますが、中古物件を専門に扱う情報サイトも増えています。リノベーションなどの情報も合わせて集めることができ、ビッグデータを活用した最新の情報検索ができ、価格の相場もすぐにわかります。東京でも中古物件に付加価値をつけた物件が増えています。マンションに一棟リノベーションを行い、付加価値をつけた状態で改めて分譲を行うスタイルです。家具や家電などもコンセプトを設定して備えている物件もあり、すぐに理想の生活を始めることができるタイプの物件も人気です。マンション物件だけでなく戸建て物件もリフォームやリノベーションが行われています。バブル期の住宅地をエリアごとコンセプチュアルなリノベーションをするスタイルは広がりを見せています。

マンション

入居前の工事がオススメ

中古マンションをリフォームする場合は、入居前がおすすめです。何もない状態の方が工事もしやすく工期も短くて済むからです。物件を探すと同時にリフォーム会社も探しておきましょう。キッチンやバスルームなどの水回りは100万円近くかかります。住宅ローンに組み込める場合もあるので金融機関に確認してみましょう。

作業員

必ず守りたい法規と手続き

リフォームでは、増改築した部分でも既存部分と合わせた建物として扱われます。そのため、名古屋でリフォームを行なう際には、名古屋の建築基準法に従って行なう必要があるのです。中でも木造住宅では、厳しい制限があるため注意しましょう。また、工事前には隣近所に前もって挨拶をしてくとよいです。

室内工事

契約は書面で慎重に

三田のリフォーム契約は、色々な書類をチェックするのが大変ですが、隅々まで目を通しましょう。見積書には工事費一式となっていますが、リフォームの費用は設備機器費と工事費だけではなく、解体・廃棄や工事の足場などのコストもあります。契約する時に明細書など詳しい内訳を出してもらい、確認することが大切です。